ワークスペースのお片づけ

こんまりさんこと近藤麻理恵さんが、9月に新刊を出版されました。

 


Joy at Work 片づけでときめく働き方を手に入れる

話題のビジネス書は必ず読んでいるけど、何故か上手くいかない——。そんなビジネスパーソンたちへ、
片づけでときめく「仕事」、「働き方」を
手に入れる方法を伝授します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

これまでのおうちのお片づけの本ではなく、ワークスペースのお片づけについて、
スコット・ソネンシェインさんとお二人で書かれています。

 

早速、予約して購入。読了しました。

私、個人の感想としましては、ただただこんまりさんの文章が読みやすくて好きです。

読んでいて心地いい、どんどん読み進めたくなる、くすっと笑える。
私の本を選ぶときのときめきポイントです。

 

働き方に迷っておられる方、
おコロナ様の影響で時間ができた方、
逆に忙しくなってしまい、仕事場がぐちゃぐちゃだという方、
在宅ワークになってワークスペースを充実させたい方、
主婦の方でお子様の勉強机のお片づけについて気になっておられる方、
などなど、いろいろな方に読んでいただきたい本です。

 

おうちのお片づけは終わらせましたが、ワークスペースに関しては、これまで手を付けて
いませんでした。
小さな事務所のわりにごちゃごちゃしていることはわかっていたのですが、自分だけの
モノはあまりなく、共有しているモノが多いこともあり、進められずにいました。

 

こんまりさんの著書「Joy at Work」が発売されるころに、偶然にもワークスペースが
散らかって片づかないからお願いしたいとレッスンのご依頼をいただきました。

もちろんお受けします!けどもうすぐワークスペースのお片づけの本が出るので、読んで
からでもいいですか?とお願いして少し待っていただき、読了してからレッスンにむけて
準備しました。

 

いやちょっと待てよ、自分のワークスペースが片づいていないのにレッスンできるかな?
と思い、実践も兼ねて、まずは自分のワークスペースから片づけました。

 

片づける順番は、おうちのお片づけと同じ。
衣類はないので、本類→書類→小物→思い出品の順です。

本は置いていないので、書類から、カテゴリーごとに一枚一枚チェックしていきます。

 

特に多かったのが、とりあえずコピーして残しておいた書類、何年も前の資料や
パンフレットなど。
何かあったら、またいつか見るかも、と取っておくことほど無駄なことはないと
改めて実感しました。

今回のお片づけであまってきた書類の引出し、10段です。
ケースもスペースも、ほんともったいないですよね。

そして、よく使う書類の収納はなるべく立てて収納したことがよかったです。
埋もれずに、迷いなく、さっと取り出せる。快適になりました。

 

小物も文房具と掃除用具くらいです。
経費を使って購入しているので、勝手に捨てるのはよくないですから、
在庫が一目見てわかるように整えました。

思い出品も置いていないので、お片づけ完了です。
すっきりー。

PCの中の情報のお片づけは、日々、進めています。
なるべくシンプルにしたいと思っています。

 

「ワークスペースのお片づけ」ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

一度、すべてに目を通しておくと、小さな不安がなくなります。

 

あれ、どうしたかな。
いつまでにやらないといけなかったかな。
そういえばどこにしまったんだろう。
絶対あったはず、どこで見たっけ。
作ったはずのひな形、なんでないんやー。

 

そんな自分がいなくなる。

 

上司の無茶ぶりに、まるで秘書のように迷いなく対応できる。

これはちょっと言い過ぎかもしれませんが。。。

 

職場へむかう足取りが軽くなることは間違いないです。

 

Follow me!

前の記事

長女の変化

次の記事

動くコト