わたしの片づけ祭り<思い出品>

キッチンの小物が片づいたら、いよいよ最後は「思い出品」です。

主人と二人で進めました。
結納の品、結婚式の品、子ども達の誕生日グッズ、手紙、写真、年賀状など。

それぞれ、あの日以来、触れていなかったモノたち。
どれも懐かしく、あの日の思い出がつい昨日のことのようによみがえってきます。

実はちゃんと中身を見てないモノがあったり、
お互いにそれも残してたんやというモノもあったり。

ここまで片づけ祭りを進めてきたからこその、ときめき感度MAXのふたりなので、
さくさくとときめきチェックが進みます。

これは残しておかなくてもいいね。
これは間違くなくときめくな。

思い出ボックスを設けて、すべて納まりました。

終わったかも??終わったんじゃない?!
そんな、ちょっと実感しきれていない、不思議な感じで、
私たちの片づけ祭りは終了しました。

 

片づけ祭りが終わったあとが、いよいよときめく毎日を送るスタートラインに立った
ということ。

雑貨屋さんでときめくモノを探していたときのように、自宅にときめく。
これは想像していなかったことでした。

 

家じゅうのモノと向き合ってきた、約半年間。正直、大変でした。

うちはこんなもんなんやと、何ともならない、とも思っていました。
でも、何とかしたかった。

センス抜群のインテリア、とは言い切れないですし、
人から見れば、突っ込みどころ満載の我が家ですが、家族のときめきMAXです。

そうじはまめにできませんが、ときどきがんばってます。

そしてまだまだ、磨いていきたい。

そんな日々を送っています。

 

ここまで来られたのは、家族の協力と、片づけ講座の講師、中根先生のおかげです。
本当にありがとうございました。

そして人生を変えてもらった、こんまりさん。
ありがとうございました。

永遠にリスペクトです。

 

Follow me!