わたしの片づけ祭り<小物>

自身の片づけ祭りについて、記録していきたいと思います。

こんまりさんを知り、こんまりさんの著書を一気に読んで片づけを始めましたがうまくいかず、
片づけ講座があることを知り受講、もう一度、いちから片づけ祭りをしました。

<書類>のつづきです。

 


書類が片づいたら、つぎは「小物」です。

一番多い、小物たち。
カテゴリーが山ほどありますが、大丈夫。
自分が片づけしやすいモノから、進めていきましょう。

ひとつ気をつけたいのが、キッチンの小物です。
毎日使うものだから、ときめきの判断が鈍ってしまって選びきれなくなりがち。
なので、全ての小物が済んでから、キッチンの小物へと進んでくださいね。

小物は全体的に、
・いくつあっても困らないモノ
・家族共有のモノ
・いただいたモノ
・細かいモノ
などが、ときめきチェックのおじゃまをしてきます。

わたしは一度、中途半端に片づけ祭りをやっているものだから、なおさらきつかったです。。。

でも、片づけ講座の講師の中根先生からのアドバイスや応援いただいて、
自分を奮い立たせながら進めていきました。

 

自分だけのモノを中心に、カテゴリーごとに全部集めて、一つ一つときめきチェック。

改めて、こんまりさんの著書に出てくる内容を思い出して、「同じやな、あるあるやな。」
と思いながら、「またいつか使うかも」の「いつか」はこないんだと自分に言い聞かせながら、
来る日も来る日も、片づけをしました。

 

全出しするから、片づけている途中がほんとにぐちゃぐちゃになって、これ終わるん?と不安に
なるし、うんざりしてくるし、なんでこんなにため込んだんだろうと落ち込むし。

でも、何としても終わらせたい!かわいいおうちを大切にしたい!!

 

カテゴリーひとつひとつを片づけ終えると、だんだんと自信がついていきました。
わたしの場合は、片づけ講座を受講したことで、つぎの講習までにできるだけ進めたいと励みに
なりました。先生もほめてくださって、なおさらがんばれました。

 

結果、家族の協力もあり、「ゴミ袋(大)10袋以上」のモノを手放すことになりました。

家族みんな、しばらく買い物が怖くなるほどの衝撃を受けました。

 

その後は、モノを買うときに声を掛け合うように。

「それ、ほんまにときめく?」

 

 

さらに、いまではこうなりました。

「えっ、買わんの?」

 

「めっちゃはときめかないんで」

 

お片づけの魔法は、片づけた後もつづいています。

 

 

Follow me!