ときめくお片づけは伝染する

とっても不思議です。

私が片づけを始めてしばらくたったころ、主人が「俺も片づけるわ、協力して終わらせよう」
と手伝ってくれるようになりました。

 


主人は、モノに対してのこだわりが強く、料理と水回りの掃除以外、自分でできる人です。私がこんまりさんを知る前から、かばんは定位置が決まっていて、使用後は中身を出して片づけています。大切なかばんや財布、ベルトなどもショップのディスプレイのように並べてあり、時にじーっと眺めていることもあります。

こんまりさんを知ってからは、やはり自分は正しかったと言わんばかりに、よりすっきりと過ごしています。

 

片づけを進めていくと、家族と共有しているモノがたくさんでてきます。
書類、小物類、洗面所、サニタリー、物入れ、思い出の品などなど。

特に、自分のときめきだけでは片づかないモノを一緒にときめきチェックしてくれたおかげで、ものすごく片づけのスピードが上がり、一気に片づけ祭り終盤を迎えることができました。
とても感謝しています。

 

その後、すっきりしていくお部屋を目の当たりにした長女も長男も、自分の部屋を片づけたいといってくれて、一緒に片づけました。

長女も長男も、幼稚園生のころからのおもちゃがびっちりと詰まっていましたが、ひとつひとつ物を手に取り選び抜き、晴れてときめくお部屋になりました。
最後までよくがんばりました!

ほぼ寝るだけになっていたお部屋だったのが、片づいた後は、自分の部屋で過ごす時間が増えました。ときめくモノに出会い、お部屋に迎えるたび、ディスプレイしてはうれしそうに眺めている姿をみると、片づけの魔法は、誰でもかかるすばらしいコトなのだと実感します。

 


こんまりさんの著書に、「家族のモノには決して手出ししないこと」とあります。

自分のモノを片づけると、家族にも、片づけたくなるマインドが移っていく。

 

「片づけの魔法」

 

かからないのはもったいないですね。

 

Follow me!